標準身長から低身長症を見極める

「低身長症」とは身長が伸び悩み、身長がはなはだしく低くなってしまう状態ですが、その見極めには、標準身長を知ることが先決です。

平均身長と標準身長

身長が高めなのか低めなのかを把握するための標準身長のひとつが平均身長です。そこで、年齢および性別による平均身長を解説します。

標準偏差と低身長の定義

低身長の目安となる「-2SD(標準偏差)」の身長と、標準偏差の捉え方について、年齢および性別に解説します。

標準身長と成長曲線(SD曲線)

お子さんの身長のレベルが一目瞭然でわかるのが、低身長の基準となる-2SDをはじめとした標準身長が記載された成長曲線で、これに子どもの数値を記入していきます。

両親の身長から子供の身長を推測

「これくらいまでは成長する可能性が高い」という標準身長の一つとして、把握しておくと良いのが、両親の身長から、子供の身長を予測する計算式というもの。

生活習慣を見直してさらに身長を伸ばす

身長を伸ばすために生活習慣を見直すことは大切。成長ホルモンの分泌を促すような生活を実践したり、カルシウムなどの栄養を十分とるようにしたいものです。