成長ホルモン注射による治療法

低身長症の治療で最も有名な治療法が、成長ホルモン分泌不全性低身長症などを治療する「成長ホルモン療法」です。

これは、人工的に作られた成長ホルモンを皮下注射によって、毎日、または2日に1回、投与するものです。

注射は就寝前に自分、あるいは小児の場合、お父さんお母さんが注射をします。

最初に医師の指導をしっかりと受け、その後、在宅注射にて治療をすすめて行きます。

安全で正確に注射するために開発された注射器具を使用するので、在宅でも簡単に注射ができるようになっています。








低身長症では、成長ホルモンによる治療が有効とされていれば、大抵の場合、ホルモン注射が改善を促進し、標準的な身長まで達することは可能です。

ただしこの治療法は、できるだけ早期段階から(骨年齢10歳以下)治療を開始する方が、より高い効果が期待できるとされています。

よって、普段から標準身長とお子さんの身長を比較しておき、低身長の兆候に気付くことが、早期改善の第一歩です。








また、成長ホルモン療法が有効でない場合でも、HGH-NEXTなどの成長ホルモン分泌促進サプリメントの使用によって、成長ホルモンの分泌量を増やし、身長が伸びるケースも立証されています。

成長ホルモン療法は、医学的な低身長の基準に合致しなければ治療対象とされない上、保険が適応されず大変高額な治療であるため、サプリメント療法を用いて改善に努める子供さんもは多いようです。

サプリメントを使用する場合でも、早めの対応が、高い効果に繋がるようです。