両親の身長から子供の身長を推測

身長には、もとより個人差があるもので、平均身長や、標準偏差などをもとにした標準身長があっても、小柄な体質が遺伝する「家族性低身長」の人の場合は、基準として比較するのは難しいです。








本来あるべき身長がどれくらいなのかを知るための手段として、両親の身長から、子供の身長を予測する計算式というものがあります。

その計算式とは、男子の身長=(父親の身長+母親の身長+13)÷2+2cm、女子の身長=(父親の身長+母親の身長−13)÷2+2cmというものです。








例えば、父親の身長が174cm、母親の身長が155cmの場合、この両親の間に生まれる男の子の身長は、(174+155+13)÷2+2=173cmと予測されます。

また、この両親の間に生まれる女の子の身長は、(174+155−13)÷2+2=160cmと予測されます。








この計算式によれば、男子は±9cm、女の子は±8cmの誤差が範囲内というものなので、実際の身長を的確には予測できません。

しかし「これくらいまで成長する可能性がある」という標準身長として、把握しておくことはできるでしょう。

遺伝性の「家族性低身長」が考えられる場合でも、この計算式で算出した身長を、ある程度の基準とすることができます。








しかしながら、身長を決める要素とは、遺伝が2割、生活習慣が8割とも言われています。

この計算式で算出された身長に届きそうもない、あるいは、より高い身長を目指したいという場合は、生活習慣を見直すことも一つの策でしょう。