身長が伸びる方法を実践

身長の高い低いというのは、生まれつきのものだからどうしようもないだとか、遺伝で決まるだとか、「努力だけでは変えられないもの」、「悩んでも仕方のないこと」と考える人が多いように思います。

白くてキレイな肌になりたいといえば良い化粧品やエステに通ったり、スキンケアを変えてみたり、目を大きくしたいといえばアイメイクのコツなどを教えてもらったり、スリムになりたいといえば効果的なダイエットを試すことができるのに、「身長を伸ばしたい」といっても身長が伸びる手段を知る方法などは、ほとんど聞いたことがありませんよね。








それは、あまり世間に「身長が伸びる具体的な方法」というものが知られていないということもありますが、身長は体重やお肌の悩みと比べると、「個性だと思って受け入れるべきだ」という風潮が強いような気がします。

確かに、身長が高いも低いも個性でしょう。

身長が高い人にも、低い人にも、それぞれにメリットやデメリットがあります。

身長が高い方がカッコ良いという人もいれば、低い方が可愛らしくて好きだという人もいます。



身長が低いのが好きな人や身長が高くて悩んでいる人から見ると、身長が伸びる方法を知りたいと熱望している人のことを、理解しがたい悩みであるばかりか、贅沢な悩みとさえ捉えられるものです。

高長身が有利なスポーツである、バスケットボールやバレーボールなどをしていたり、モデルになりたい人でもない限り、「身長が低くて何が困るのか?」と追求されることさえあります。








また、身長は簡単に高く伸ばせるものではないですし、ましてや低くなりたいからといって縮められるものでもありません。

幼い頃から成長期にかけての生活習慣などが深く影響したり、身長を決めるのは遺伝的な要因も少なからずある上、努力だけではどうしても何とかできる領域ではないと感じられます。

おそらく世間一般では、身長の悩みというのは、極めてナンセンスであると考えられているのではないでしょうか。








では、体型(体重)や肌質の悩みは、そうではないと言い切れるのでしょうか?太りやすい(太りにくい)体質や体型を、両親からか受け継いでいるということはありませんか?肌質や肌の色、髪質や体毛の濃さなど、両親にそっくりなんてことありませんか?いくら体系が似ていても、「体型や肌の状態は遺伝や体質で決まるものだし、それがあなたの個性ですよ」と言われることは少ないですよね。








好みや理想は人それぞれあるでしょうが、身長だって「高くなりたい」「低くなりたい」と強く願うことは、決して恥じることではないと私は考えます。

メディアや雑誌などでは、身長の低い人には低いことを活かした、高い人には高いことを活かしたファッションを楽しむのが最善であると言われます。

建て前はそうです。

しかし本音は、高くなりたい(低くなりたい)と言うのが実のところなのです。



身長が高くなりたい人なら、女性はヒールの高い靴を履いたり、男性でも底の厚いシークレットシューズや、帽子を活用してみたり、身長が伸びる方法を積極的に実践するのも良いでしょう。

一方、身長が低くなりたい人も多いと思います。

小柄に見えるファッションや髪型を意識するなど、雰囲気を変えるのも一つの手段です。

どうしても女性の靴は、ハイヒールの方が圧倒的に多いのですが、ハイセンスで素敵なデザインのペタンコ靴も、販売が増えてくるとと良いと思います。








今回は、「身長が伸びる方法」についてという、今まで世間ではあまり声高に語られることのなかったことを、じっくりと考えてみようと、色々と調べたところ、実にたくさんの情報が得られました。

やはり世の中には、身長が伸びる方法を知りたい人が大勢いるということです。

理想の身長を追い求めるのは、決してナンセンスでも恥ずかしいことでもありません。

美白やダイエット、肉体改造や髪型のアレンジなど、自分好みのスタイルと同じように、前向きに追求していけば良いのですよ。