成長期までに身長を伸ばすため方法

成長期を終えるおよそ10代後半あたりまでが、身長が伸びる時期で、遅くても通常は、25歳くらいまでには成長が止まります。

よって、身長が高くなりたい場合には、この期間に身長が伸びる方法を実践しておくことが理想的です。

ですがこの時期は、まだ子供の時期ですし、一人では判断のつかないこともあるので、親や周囲の大人がしっかりとサポートしてあげましょう。








早寝早起きの規則正しい生活を送ることは、子供の身長が伸びる方法として最も大切なことです。

睡眠時間をしっかりと確保することで、骨を伸ばし身長を伸ばす「成長ホルモン」の分泌を促進します。

できる限り、深く良質な睡眠を心がけましょう。








身長が伸びるためには運動によって、骨を刺激することも必要です。

また、運動をした時にも成長ホルモンは分泌されます。

ただし、あまりハードな運動を子供のうちからしてしまうと、筋肉が付きすぎて骨の成熟を早めてしまいます。

さらには、思春期の到来が早まって成長期が早期に開始・終了してしまい、結果として身長があまり伸びないこともあるので、ムリのない運動を、長く続けることが良いでしょう。








栄養バランスを考えた取れた食生活は成長にとって欠かせないことです。

また、ストレスによって成長ホルモンの分泌が悪くなり、低身長を引き起こすというのは、実際にある例です。

ストレスなく、子供がのびのびと過ごせる環境づくりをしましょう。