身長を伸ばすためには睡眠が重要

身長が伸びるためには、睡眠が最も大切です。

昔から「寝る子は育つ」と言いますが、これは真理なのです。

寝ている間に、骨端線に作用して骨を成長させ身長を伸ばす「成長ホルモン」が、たくさん分泌されるからです。

それでは、身長が伸びるためにより有効な睡眠の取り方について、ご紹介していきたいと思います。








まず、早寝早起きを心がけることが大切です。

早寝早起きは生活のリズムを整え、心身を清清しく健康に保つためにも大変重要なことですが、身体の成長のためにも必要不可欠です。

また、22時〜翌2時という時間帯が、1日の中でも最も成長ホルモンの分泌量が多いと言われており、この時間にしっかりと眠っていることは絶対条件と言っても過言ではありません。

お子さんが夜更かしをしないよう、生活のリズムを整える手助けをしてあげてください。








また、ノンレム睡眠(深い睡眠)に入ってからが、成長ホルモン分泌のピークを迎えます。

人間の睡眠は、レム睡眠(浅い睡眠)とノンレム睡眠(深い睡眠)を繰り返しますが、浅い睡眠のときは成長ホルモンの分泌が十分ではないのです。

ぐっすりと深い眠りにつけけるよう、決まった時間に寝る習慣をつけましょう。








寝る前のストレスは睡眠を妨げるばかりか、ストレスによって成長ホルモンの分泌が抑制されてしまうことがあります。

常に気持ちよく、穏やかな気持ちで布団に入れるようにしましょう。