成長期を終えてから身長が伸びた!

身長が伸びるのは、成長期を終えるまでが一般的とされています。

その後、成長は止まるのが普通ですが、成長期後に身長が伸びることはないわけではありません。

実は、成長期を終えてから身長が伸びたという例はごく稀にあります。

残念ながら、成長期終了前までのように大幅な伸びは望めませんが、数センチ程度であれば伸びたという人は意外に多くいるのです。








成長期後に身長が伸びる方法としては、まず骨格の歪みを直すというものがあります。

猫背や骨格の歪み、骨盤の歪み、X脚やO脚などによっても、何センチか人間の身長は低くなってしまいます。

これを矯正することによって、身長が伸びるということが多々あるのです。



近年骨盤の歪みなどは腰痛や下半身太りを引き起こす原因としても注目されており、歪みを直すための下着やグッズなども販売されていますので、利用してみるのも良いでしょう。

ただし、自分の体に合った物でなければ、逆効果になる恐れもありますので、慎重に選ぶようにしてください。

効果が出やすいのは、専門家のもとで行う方法が最も確実です。








また、成長期が過ぎると骨端線は閉まってしまい、堅い骨となって成長が止まってしまいます。

ですが、成長ホルモンの分泌量を増えることによって、軟骨の部分に成長ホルモンが作用して成長し、結果として数センチ背が伸びることがあります。

なので、成長ホルモンの分泌量を増やしてやることによって、大人でも背が伸びることがあります。