背を伸ばすカギ、成長ホルモン

背を伸ばすためのキーポイントは、「成長ホルモン」というものです。

正しくは「ヒト成長ホルモン」と呼ばれるもので、英語表記の“Human Growth Hormone”の頭文字を取って“HGH”と記されることもあります。








脳下垂体というところから成長ホルモンが分泌され、骨の端の方にある骨端線という部分に作用します。

骨端線は柔らかい骨(軟骨)でできており、ここに成長ホルモンが作用すると骨端線が伸びて、結果的に背が伸びるのです。

柔らかかった骨端線は、成長期が終わると共に堅い骨になり、成長が止まってしまいます。

この状態を、よく「骨端線が閉じる」と表現されます。








主に睡眠中と、運動した後に成長ホルモンは分泌されます。

寝る→成長ホルモンが分泌される→骨端線が伸びて背が伸びる、というサイクルで、人の身体は成長します。

昔からよく言われているように「寝る子は育つ」というのは、理にかなったことなのですね。








成長ホルモンは、背を伸ばすための生活習慣に深く関わっています。

背を伸ばすためのポイントは、成長ホルモンの分泌をいかに増やすかということを第一に考えた生活習慣を心がけるという点にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

これからお話しする背を伸ばすためのいろはには、成長ホルモンのお話がたくさん盛り込まれています。