背を伸ばす睡眠法

日本人なら、ほとんどの人が「寝る子は育つ」という言葉を聞いたことがあると思います。

実はこの言葉の通り、背を伸ばすために最も重要なことは「睡眠」なのです。

この台詞は、夜更かしをする子供を諌めるための常套句のように思われていることもあるようですが、生まれたての赤ちゃんが長時間の睡眠で、すくすくと大きくなるといったイメージもあるでしょう。








眠っているときと運動をしたときに「成長ホルモン」が分泌され、骨を伸ばして背を伸ばします。

よって、睡眠は背を伸ばすために大変重要なポイントなのです。

では、どんな睡眠を心がければ、より成長ホルモンが分泌されるのかを説明していきましょう。








成長ホルモンが最も多く分泌されるのは、1日のなかでも、22時〜翌2時までの時間帯と言われています。

ですから、この時間帯にはしっかりと睡眠をとることが、最も重要視されます。

早寝早起きは気持ちの良い生活を送るためだけではなく、身体の健康や成長のためにも、非常に大切なことなのです。








睡眠には「レム睡眠(浅い睡眠)」と「ノンレム睡眠(深い睡眠)」というものがあり、人はおよそ90分周期で、この2種類の睡眠を繰り返します。

成長ホルモンの分泌は、レム睡眠(浅い睡眠)では十分に分泌されないため、ノンレム睡眠(深い睡眠)に入ってからが分泌のピークを迎えます。

よって、良質で深い睡眠をとることが必要です。

深い睡眠へ導けるよう、睡眠前に簡単なストテッチをするなどの工夫をしていきましょう。