胸を張って過ごしましょう

身長に限ったことではなく、コンプレックスに思うことがあると、自信をなくして落ち込んでしまったり、悩んだりするものですよね。

だけど、背が低くて悩んでいる人には特に、それをコンプレックスだなんて思わず、胸を張って日々を過ごして欲しいのです。

これには、コンプレックスなんかに負けないで欲しいという思いとは別の意味合いもあるのです。








まず、ストレスというのは、成長ホルモンの分泌を妨げる、言わば敵です。

子供の頃に感じた強いストレスによって成長ホルモンの分泌が悪くなり、低身長と呼ばれる症状に至ったというケースもあるほどです。



子供の成長に関するものや、背を伸ばすためのノウハウが書かれた本やホームページなどを見ていると、「寝る前はお子さんを叱らないように」と書かれていることがります。

これは、寝る前に子供を叱ったりすると、叱られたストレスが原因で、睡眠中に行なわれる成長ホルモンの分泌が悪くなり、成長するチャンスを台無しにする恐れがあるというものです。

また、叱られたモヤモヤでなかなか眠れなくなってしまっては、良い睡眠状態が保てません。








また、コンプレックスを感じるあまり、日々うつむいた姿勢でいることもよくありません。

姿勢が悪いと骨格がゆがみ、結果として身長が低くなってしまうことがあります。

良い姿勢は基本中の基本となります。

大人でも骨格の歪みを直すだけで、数センチ背が伸びたという例は多くあります。

背筋をピンと伸ばし、堂々と前を向いて歩いていきましょうね。