低身長症とは?

周囲に比べて身長の伸びが悪く、極端に小さくなってしまう病気を「低身長症」といいます。

ではこの「低身長症」は、一体どのように引き起こされるのでしょうか?








まず、低身長症の原因として「成長ホルモン分泌不全」が考えられます。

成長ホルモンとは、脳下垂体から分泌され、骨に作用して身長を伸ばす物質ですが、この成長ホルモンの分泌が悪いと、身長の伸びが悪くなり、低身長症を引き起こす原因となるのです。

この場合、成長ホルモンを注射を投与する治療が行われます。








他にも、成長ホルモン治療が有効とされているものには、染色体の異常による「ターナー症候群」や「プラダー・ウィリー症候群」、「慢性腎不全による低身長症」、骨の異常による「軟骨異栄養症」、出生時から身長が小さく2〜3歳になっても周囲との差が縮まない低身長症「SGA性低身長症」などには、注射治療が施されます。








成長ホルモン治療は、できるだけ早く始めるのが最も効果が出やすいとされています。

身長の伸びに異常があることに気づいたら、できるだけ早く治療を始められるか否かで、その後の結果を左右します。



また、突発性の下垂体性小人症というものがあります。

この病気の原因ははっきりしていませんが、約5パーセントは脳腫瘍の可能性が疑われます。

この場合も早期発見と早期治療が望ましいので、身長の伸びが急に悪くなった場合などは、すぐに小児科を受診するようにしましょう。