子供の成長を成長曲線で観察

常にお子さんの成長に気を配っておくことが、お子さんの健やかな成長に繋がります。

常に気を配っているつもりでも気付けないこともあります。

周囲と比べて身長が極端に小さいようであればわかりやすいのですが、そうでない場合にはなかなか気が付きにくいものです。

突然身長の伸びが悪くなったとしても、目に見てわかる周囲の子供たちとの差がでてくるのは、暫く後になってからでしょう。

そのときになってようやく、何年も前から伸びが悪くなっていたことに気付くケースも少なくありません。








身長の伸びに異常がある場合には、成長ホルモンの分泌不全や、脳腫瘍などの疾患がある可能性も疑われます。

万が一、これらの疾患が原因で成長が妨げられていた場合でも、早期に発見して、治療を行えれば、本来の成長を取り戻すことが可能です。

早期発見のために、是非小さな頃からお子さんの成長曲線をつけておくことをオススメします。








成長曲線とは、子供の成長をグラフに示したものです。

母子手帳の中に、乳幼児の成長曲線を記入できるページがありますので、それを利用すると良いでしょう。

母子手帳の成長曲線は、ひと月もしくはさらに細かい単位で記録できるようになっているので、面倒に感じる方もいるかもしれませんが、小学生のお子さんであれば数ヶ月に一度でも十分です。

ですが、最低でも毎月記入していく方が、成長がわかりやすいと思います。








身長の伸びが急に悪くなったなどの異常にも、成長曲線を付けておくと、その兆候に一目で気付くことができます。

「おかしいな」と思ったら、その成長曲線を持参して、できるだけ早く小児科を受診するようにしましょう。