成長ホルモンと身長の関係性

低身長症が疑われるほどのレベルではなくとも、近ごろ以前に比べて身長の伸びが悪いと思うようなら、やはり早いうちに何らかの対策を考えた方が良いでしょう。

今は大丈夫でも、先のことはわかりません。

まずは身長について良く知り、身長の伸びを良くする生活を心がけることで、将来身長が低くて悩まずに済むかもしれません。








身長を伸ばすための鍵を握っている存在として、「成長ホルモン」があります。

これまで低身長についてお話した際にも紹介しましたが、成長ホルモンは脳下垂体から分泌された後、骨の両端にある骨端線というやわらかい部分に作用します。

そうすると骨端線にある軟骨芽細胞が増殖・成長して骨が伸び、結果として身長が伸びます。



成長ホルモンの分泌量は、10代後半頃がピークで、成長期を終えた20代以降は、加齢とともに減少していきます。

さらには、骨端線自体も成長期の終了とともに堅い骨へと変化して、成長が止まります。








身長を伸ばす指令を出す成長ホルモンをしっかりと分泌させることが、身長の伸びを良くします。

成長ホルモンがたくさん分泌されるはずの年齢であっても、生活の乱れなどによって分泌量が減少してしまうので注意しなければなりません。

要するに、成長ホルモンの分泌を良くする生活を送ることが、身長を伸ばす鍵となるのです。