睡眠効果で身長の伸びを促進

身長の伸びを良くするためには、「睡眠」が最も重要です。

身長を伸ばす指令を出す成長ホルモンは、眠っている間に分泌されるのです。

では、成長ホルモンの分泌を促進するためのには、どのような心がけが必要なのかをお話ししましょう?








1日のなかでも、22時〜翌2時の夜間に最も多く成長ホルモンは分泌されると言われています。

ということは、この時間帯にしっかりと睡眠をとっていれば、成長ホルモンをよりたくさん分泌させることができると言うことです。








さらに、深い睡眠状態の時に成長ホルモンの分泌が最も盛んになります。

人間の睡眠には、レム睡眠(浅い睡眠)とノンレム睡眠(深い睡眠)があり、大体90分単位でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。

成長ホルモンの分泌がピークを迎えるのは、ノンレム睡眠(深い睡眠)に入って暫くたってからです。

浅い睡眠のときには、成長ホルモンは十分に分泌されません。








これらからわかるように、成長ホルモンの分泌、ひいては身長の伸びを良くするためには、睡眠時間をしっかり確保すること、早寝早起きを心がけ、深く良質な睡眠を目指すことが必要です。

また、ストレスは睡眠に悪影響を及ぼす上、ストレスそのものも成長ホルモンの分泌を妨げる原因となります。

できるだけストレスは溜め込まず、リラックスした環境で生活できるようにしましょう。