適度な運動が身長の伸びを良くする

身長の伸びを良くするためには、適度な運動も必要です。

身長を伸ばす指令を出す成長ホルモンは、眠っているとき以外に、運動をしたときにも分泌されます。

それに、運動不足は健康のためにも良くありませんので、普段から運動をする習慣を付けることは非常に大切なことですね。

また、運動することで、骨や身体に刺激を与えて成長を促します。








背を伸ばす運動に適していると言われるのが、縦方向にジャンプする運動です。

バスケットボールやバレーボールでは、このような動きがよく見られますが、実は、バスケットボールやバレーボールをすると身長が伸びるという話は、この動きが理由なのです。

身体をぐんと伸ばすようにしてジャンプをする動きが、背を伸ばすのに効果的のようです。



バスケットボールやバレーボールをしなくても、単純に跳躍運動をするだけでも効果は期待できます。

ジャンプ運動は、骨に刺激を与えるだけでなく、脳下垂体を刺激して、成長ホルモンの分泌を促進するという説もあります。

全身を伸ばして、高いところに手を付くような気持ちでジャンプをする運動を、家の庭や近所の公園などで、日課としてやるのも良いでしょう。








適度な運動はたしかに大切ですが、あまり早いうちから筋肉を付けすぎてしまうのは、逆効果です。

子供の頃からあまりにもハードな運動をして筋肉を付けすぎると、骨の成熟を早めたり、思春期が早まって成長期が早くに終わってしまったりすることもあります。

運動は適度に行うようにしましょう。