背が低い営業マンは好感触

背が低いというその外見だけでなめられてしまうだとか、ビジネスの世界では背が低いことで能力を正当に評価してもらえないだとか、様々な不都合が生じることがあるようです。

しかし、背が低いことが有利になる場合もあります。








営業職など、人と接する機会の多い仕事では、実は背が低い人の方が歓迎されるというケースがあります。

背が低い人は、相手に威圧感を与えず、親しみやすいイメージを持たれるので、交渉事には向いているというのです。

逆に背が高い人は、本人にはそんなつもりはなくとも、知らず知らずのうちに相手に威圧感を与えるため、警戒されてしまいます。








背が低いということはそれだけで柔らかいイメージを与えるので、そういう意味ではかなり得をしていると言えます。

もちろん、人柄や物腰なども関係ありますが、話しやすそうな人か?そうでないか?というのは、買い手からしてみたら、重要ポイントの一つですよね。

実際、背が低い人に対して第一印象で「とっつきにくいな」と感じることは、あまりないのでは?








交渉の場面では、背が低いということは相手の懐にとびこむためには決して不利ではなさそうです。

相手の性格や立場にもよりますが、第一印象は最も大切ですよね。

ただ、反対に背が低いとか華奢であることが、「頼りない」と見られてしまうこともありますから、背は低くとも堂々と背筋を伸ばし、「頼れる営業マン」であることのアピールは必要でしょう。