背が低い子供の身長を伸ばすには

成長期を終える前の子供であれば、背が低い場合でも、まだまだ伸びしろはあります。

諦めずに、身長を伸ばすための工夫や努力をどんどん実践していきましょう。








背が低いことが気になり、身長を伸ばしたいのであれば、まずは早寝早起きの習慣をつけて、しっかりと睡眠をとりましょう。

眠っている間に成長ホルモンが分泌され、骨の成長が促進されます。

「寝る子は育つ」とは本当のことなのです。

成長ホルモンは22時〜翌2時という時間帯に、特にたくさん分泌さます。

最低でもその時間帯には、睡眠をとりましょう。








また、成長ホルモンは運動をしたときにも分泌されます。

運動は骨に刺激を与えて成長を促進します。

ただし、あまりハードな運動をして筋肉を付けすぎると、骨の成長が妨げられてしまいます。

適度な運動が身長を伸ばすポイントです。








骨の材料となるカルシウムやタンパク質を積極的に食事に取り入れ、バランスよく食べるようにしましょう。

マグネシウムや亜鉛も身長を伸ばすための大切な栄養素ですので、不足しないように心がけましょう。

また、ストレスを溜めると成長ホルモンの分泌が減ったり、成長を妨害したりしますので、運動でストレス解消をするもよし、美味しいものを食べるもよし、とにかくストレスは溜めないようにしましょう。








食事や睡眠、運動だけでなく、サプリメントを利用して成長ホルモンの分泌を促進することもできます。

成長ホルモン関連のサプリメントは、大人向けのものが多いのですが、当社のHGH-NEXTというサプリメントは子供でも使用できる成長ホルモン分泌促進サプリメントです。








周囲に比べて極端に背が低い場合には、「低身長」といって治療を要する場合がありますので、小児科の診察を受けるようにしてください。