服装で「背が低い」をカバー

背が低いことで、服装の悩みを抱く方は多いと思います。

服のサイズが合わないとか、似合う服が限られる、パンツのシルエットが合わない等等。

でも、背が低いことを服装でカバーすることだってできますし、背が低いからこそ似合う服装だってあります。








背が低いことを存分に活かしたファッションや、背が低いことを感じさせないコーディネートなどは、雑誌の特集になっていることもあります。

背が低い芸能人やモデルさんもたくさんいるので、参考にすると良いと思います。








膨張色である暖色や明るい色よりも、寒色や暗い色は引き締まって見えるので、スリムで背が高く見えるという視覚効果があります。

また、大きな柄、太い柄の服よりも、小さな柄、細い柄の服の方が、引き締め効果があり背が高く見えます。

ストライプ柄は横よりも縦が良いでしょう。

服装の視点をちょっと変えるだけでも、背が低いことはカバーできます。








そうは言っても、服装には趣味がありますので、背を高く見せる目的だけで洋服選びをするのは、ファッションを楽しめませんよね。

ならばムリせず、「ここぞ」という時に、こういった服装の工夫を取り入れてみると良いのではないでしょうか。

自身の好みとは違っても、何枚か持っていると便利かもしれませんね。