小人症(低身長症)について?

様々な原因によって、身長が著しく低い状態に留まる症状を小人症と呼びます。「低身長症」という呼び方のほうが現在では一般的です。

医学的に定義される小人症(低身長症)とは?

低身長と定義されるのは、医学的見地から、「年間の身長の伸びが平均値の80%以下という状態が継続するケース」と「同性、同年齢、同月齢の平均身長より、-2SD(標準偏差)以下のケース」とされています。

小人症の治療法

成長ホルモンを用いたホルモン療法が適用されるのは、下垂体性小人症など6タイプの低身長症の治療においてです。

サプリメントで小人症を改善

身長が低いことを気にする多くの子供たち。成長ホルモン注射による治療も適用されない場合は、成長ホルモンのサプリメントを利用する方法があります。