小人症(低身長症)について?

「小人症(こびとしょう)」という言葉を聞いたことがありますか?小人症とは、何らかの原因によって、身長が極めて低い状態になってしまうことをいいます。

現在では「低身長症」という表現の方が一般的なので、インターネットや関連書籍などでは、低身長症と表記されていることが多いでしょう。








近年、低身長症は、「小人症」と呼ばれていた時代に比べると知名度が上がり、多くの人に知られるようになってきました。

子供の身長が低い、伸びが悪いなどの症状があらわれると、「もしかして低身長症なんじゃないかしら?」と真っ先にそれを疑う親御さんも増えてきています。

しかし、この小人症(低身長症)は、ここ最近、急に患者数が増えてきたというわけではないのです。

昔からこの症状に悩み、治療を続けて乗り越えた人がたくさんいました。








小人症(低身長症)の原因にはいくつかありますが、中でも「下垂体性小人症」と呼ばれるものが最も良く知られているでしょう。

現在は「成長ホルモン分泌不全性低身長症」と呼ばれています。

下垂体性小人症(成長ホルモン分泌不全性低身長症)とは、成長ホルモンの分泌量が低下することにより、骨が成長できず、身長が伸びなくなってしまう病気です。

成長ホルモンとは、脳下垂体から分泌されるホルモンで。

骨の両端にある「骨端線」というところに作用して骨を成長させる働きを持っています。








本来、生後から成長期を終える10代後半くらいまでは、右肩あがりに成長ホルモンの分泌量を増やしていくものです。

そして、成長期を終えて20代以降になると、分泌量は急激に減少していきます。

成長ホルモンの分泌量が、子供のうちから極端に少ないのは、脳腫瘍などの後天的原因によるものが3分の1、原因不明の突発性によるものが3分の2と言われています。








下垂体性小人症(成長ホルモン分泌不全性低身長症)のほかにも、小人症(低身長症)には、いろいろな種類があります。

下垂体性小人症と同じ内分泌性低身長としては、副腎機能低下症や甲状腺機能低下症や、染色体の異常であるターナー症候群、また、先天性疾患による低身長に分類されるものでは、骨に異常がある軟骨無形成症などがあげられます。

そのほかには、小柄な体型が遺伝によって受け継がれる家族性低身長、体質的な発育の遅れによる体質性低身長、愛情不足や栄養不足による慢性疾患性低身長というものもあります。








どれだけ早期に治療が開始できるかというのが、小人症(低身長症)改善の鍵を握っています。

なぜなら、骨は、骨の両端にある柔らかい「骨端線」部分が膨張することによって成長していきますが、成長期を終えて大人になると、骨端線は堅い骨に変わってしまい、膨張できなくなります。

これを、「骨端線が閉じる」といい、骨端線が閉じると、骨が成長せず、身長は伸びなくなってしまいます。

よって、人間の身長が伸びる時期というのは決まってるので、できるだけ早期治療が望ましいのです。








一般的に骨端線が閉じる時期は、男性は18〜19歳頃、女性は15〜16歳頃といわれています。

年齢には個人差もありますが、骨端線が閉じてしまった後では、身長は伸びなくなりますので、小人症(低身長症)の治療による効果の期待は、非常に薄くなります。

骨端線が閉じるまでの間にしっかり治療をして、最大限の改善を目指すには、早期発見と早期治療開始が要となります。

また、早期に発見して早期治療を勧めるもう一つの理由として、小人症の裏には、脳腫瘍などの恐ろしい病気が隠れているせいで、低身長症を引き起こしている場合もあるのです。








小人症(低身長症)を早期発見できるようにするには、まずは親御さんが小人症(低身長症)についての知識をしっかと得ることです。

その上でお子さんの成長を注意深く観察していき、その兆候を見逃さないようにすることです。

現在は、以前よりも小人症(低身長症)に関する情報もインターネットや関連書籍など、多く出回っています。

積極的に情報収集をして、お子さんの健やかな成長を守ってあげたいですね。