小人症を成長曲線から早期発見

「成長曲線」を知っていますか?子育て中のお母さんなら、この言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?みなさんの最も身近なところでは、母子健康手帳の中に成長曲線(身体発育曲線)のページがあり、生後から5、6歳くらいまでの成長記録を付けられるようになっています。








最もよく用いられる「標準偏差曲線(SD曲線)」では、お子さんの身長を記入すれば大体どれくらいの水準にいるのかが一目でわかります。

この場合は、成長曲線の中に小人症の基準となる−2SDのラインが記入されているので、現状のお子さんの成長具合が意、非常にわかりやすいです。

また、身長の伸びが急に悪くなった場合にも、グラフの形を見ていれば、早期段階で異変に気付くことができます。








お子さんの成長には、常に注意を払い、小人症(低身長症)の早期発見をすることが大変重要です。

ですが、お子さんの身長が極端に小さい場合には見た目にもわかりやすいのですが、そうでない場合にはなかなか発見が難しいものです。

元々正常だった子が急に伸びなくなった場合、周囲の子たちとの身長差が目に見えて開くのは暫く後になってからのことなので、気付きにくいのが実際のところです。








このように、成長曲線をつけておくと、小人症(低身長症)の兆候気付き、いざ医師の診察を受けることになった際にも、これまでの成長の記録として大変役立ちます。

成長曲線は小児科でもらえるところもありますし、インターネットでもダウンロードできますので、是非つけてみましょう。