小人症の治療法

小人症(低身長症)の治療の中でも、最も有名なものが、「成長ホルモン」を用いたホルモン療法です。

成長ホルモン療法は、染色体の異常である「ターナー症候群」や「プラダー・ウィリー症候群」、下垂体性小人症(成長ホルモン分泌不全性低身長症)や、骨の異常である「軟骨異栄養症(軟骨無形成症および軟骨低形成症)」、「慢性腎不全による低身長症」などがあります。

また、出生時から身長が低く2〜3歳になっても平均的な身長に追いつかない「SGA性低身長症」にも有効とされています。








成長ホルモンを用いた治療とは、成長ホルモンを皮下注射によって体内に投与するものです。

注射は毎日または2日に1回、就寝前に自己注射します。

最初に医師の指導をしっかり受けるので、不安視することはありません。

また安全かつ正確に注射するための器具も開発されているので、自分でも簡単に注射ができます。

子供の場合は親御さんが注射を行ないます。








しかし、成長ホルモン注射は、通常であればひと月に30〜40万円という大変高額な費用がかかります。

ですが、医学的な小人症(低身長症)の定義に該当する場合には健康保険が適用されますし、公的な治療費の助成なども、一定の条件をクリアすれば受けられる場合もあります。

しかしながら、助成の条件が厳しいことと、治療をして一定の身長(男子156.4センチ、女子145.4センチ)に到達すると打ち切りになってしまうので、金銭的な不安はどうしても拭いきれません。