サプリメントで小人症を改善

医学的な小人症(低身長症)の定義に当てはまらない子供たちの中にも、身長が低くて悩んでいる子はたくさんいます。

しかし、下垂体性小人症(成長ホルモン分泌不全性低身長症)をはじめとしたいくつかの疾患には、成長ホルモン注射による治療が有効ですが、ホルモン注射は大変高額であるという欠点があります。

ホルモン療法を受けたくても、高額すぎるゆえに受けることができず、悩み続けている子が少なくありません。








そういった子供たちの中でよく利用されているのが、成長ホルモンのサプリメントです。

このサプリメントは、大きくわけて二つあります。

成長ホルモンを注射以外の方法(舌下スプレーや経口摂取)で補充際に利用するサプリメントと、成長ホルモンの分泌を促進するためのサプリメントがあり、錠剤、カプセル、粉末、顆粒など、形状は様々です。

小人症の治療、身長を伸ばすための取り組みは長期戦になるので、あまり高額を必要とせず、無理なく続けられるものを選ぶと良いでしょう。








骨を伸ばす、身長を伸ばすという働きのほかにも、成長ホルモンにはアンチエイジング(若返り、抗老化・抗加齢)や、ダイエットにも効果があると言われています。

世の中では、成長ホルモンの分泌量が減少する20代後半くらいからを対象に開発された成長ホルモンのサプリメントも数多く売られています。

これらのサプリメントは大人向けのものなので、対象年齢に注意して選んでください。

また、子供が身長を伸ばすために使えるものの一例として、当社のHGH-NEXTがあります。