成長ホルモン分泌を促進させるためには

成長ホルモンの分泌量は、生活習慣の在り方によってもずいぶん変わってきます。

小人症(低身長症)と診断されない場合でも、不摂生な生活をしていれば、成長ホルモンの分泌量が減少してしまいます。

その結果、思うように身長が伸びなくなることがあるのです。

成長期に、成長ホルモンの分泌を促すための生活習慣を身に付けることは大切なことです。








成長ホルモンとは、眠っている間と運動をした後に分泌されます。

特に、22時〜翌2時という時間帯に成長ホルモンの分泌量が増えると言われています。

早寝早起きを習慣付け、睡眠時間はたっぷりと確保して深く良質な睡眠をとる工夫をしましょう。








睡眠同様、適度な運動も習慣付けましょう。

ただし、過度な運動や、一定の箇所ばかりを集中的に鍛えるような運動はお勧めできません。

そして一番知っておきたいことが、子供のうちから筋肉を鍛えすぎると、思春期を早めて成長期が終わる時期を早めることになってしまたり、骨の成長が妨げられる恐れがあるということです!あくまでも運動は適度に行ってください。








身長を伸ばす(骨を育てる)ために有効な、カルシウム、タンパク質、マグネシウムや亜鉛などが特に不足しないよう、食事の栄養バランスには注意を図るようにしてください。

また、ストレスは睡眠や食事の妨げになるばかりか、成長ホルモンの分泌量も減少させる大敵です。

過度の精神的ストレスによって、小人症になってしまうという例もあるぐらいなので、ストレスは溜めないように上手に発散してください。