足の成長を妨げる姿勢とは?

それではちょっとここで、興味深い情報をお教えします!足の骨の成長を妨げないためにはどのようなことを心がければ良いかについて説明したいと思います。








日本人の体型が欧米人に近づき、「胴長・短足」ではなくなったのはなぜでしょう?それは、床に正座をする生活から椅子に座る生活へと移行したことが一因になっているという説が有力なのです。

正座は股関節やひざの関節に負担をかけるため、足の骨の成長を妨げてしまうのです。

生活の中で正座をする機会の多い人は、ストレッチなどをして足を伸ばすようにし、長時間正座のままでいることは極力避けた方がいいですね。








また、立ち方や座り方などが悪いと、足の骨が歪んでO脚やX脚になり、足が短くなってしまうことがあります。

長時間の正座やあぐらをかくことはなるべく避けて、椅子に座ったときに足を組む癖などは改善し、座る姿勢にも注意しましょう。








正座が足の成長を妨げることには、血行も関係しています。

足の血行が悪いと、足の成長を妨げることになります。

サイズのきつい細身のパンツばかりを履くことも、足の血行が悪くなる要因ですので、ゆったりした服を選ぶようにしましょう。








ウォーキングやジョギング、ジャンプなどの運動で、足の骨に刺激を与えることも大切です。

但し、成長期終了前の方は、鍛えすぎて過度に筋肉を付け過ぎると、骨の成長が妨害されますので注意してください。