足を伸ばすためには成長ホルモンが必要

成長期終了前ならば、成長ホルモンが骨の両端にある「骨端線」に作用して、それを受けて骨が伸びます。

成長期が終了した後でも、身長を伸ばすためにはやはり「成長ホルモン」をたくさん分泌させることが必要です。

成長期が終了すると骨端線はなくなってしまいますが、成長ホルモンが軟骨に作用して、軟骨部分が育つことによって骨が伸びることがあります。








成長ホルモンの分泌をよくするためには、まずはよく眠ることです。

成長ホルモンは眠っている間に分泌され、特に22時〜2時という時間帯に、1日の中で最も分泌量が増えます。

また浅い睡眠では成長ホルモンは十分に分泌されないので、深く良質な睡眠をとれるように早寝早起きを心がけたり、ぐっすり眠れる工夫をしてください。








成長ホルモンは運動をした時にも分泌されます。

また適度な運動に加え、バランスのとれた食事も大切です。

さらにストレスは成長ホルモンの分泌を妨げるので、ストレスは溜め込まずに、上手に発散するようにしましょう。








成長ホルモンの分泌を促進するためには、サプリメントを利用するという手段もあります。

子供向けに推奨されているサプリメントでは、当社が販売するHGH-NEXTという、子供が身長を伸ばす目的で利用することを前提として開発されたものがあります。

この商品は、大きな副作用の心配もないようで、成人にも未成年にも幅広く愛用されています。








成長ホルモンをより多く分泌させるような生活習慣で身長を伸ばし、かつ足の成長を妨げないように座る姿勢に気を配り、足を伸ばすようにしましょう。