服装で足長効果を実践

実際に足を伸ばすことは簡単ではありませんが、服装を工夫することでも、足を長く見せることができます。

靴や服装で足を長く見せるのは手軽で誰にでもでき、なおかつ視覚的効果は確実にあります。

いろいろと試してみることも良いと思います。








女性ならば、ミニスカートにブーツというファッションは足長効果があり人気です。

ニーハイブーツやニーハイソックスは特に足を長く見せるようです。

また、腰の切り替え位置の高いワンピースや、ハイウエストではくスカートなどが、足を長く見せる効果があります。








男性の場合は丈の短めのジャケットを着用するとか、明るめの上着や柄物のシャツを着て、視線を上に集めるというのが効果的です。

男性は、スカートという選択肢がない分少々難しくなりますが、タイトでシックな色のパンツが効果的でしょう。

しかし主張の強いベルトをアクセントにすることは、腰の位置が強調されて逆効果になるので、おすすめできません。








極端なところでは、あえて「腰パン」をすることで腰の位置を不明にし、足が短いのをごまかすという方法もあります。

最近は若い男性の間でこういったスタイルが流行っていますが、足が長く見えることはありませんので、視覚的に「足を伸ばす」方法としては効果的とは言えませんね。

丈の違うシャツを重ね着し、下に着ているシャツの裾を少し見せることで、腰の位置をわからなくするというのも有効です。








また、暗めの色は引き締まって細長に見えるので、ボトムには暗い色を持ってくるのがおすすめです。

さらに縦ストライプは全体を縦長に見せるので、これも有効でしょう。