骨端線を刺激して身長を伸ばす

みなさんの身長は、何歳くらいまで伸びていましたか?だいたい中学生や高校生くらいまでではないでしょうか?人間の身長というのは、生後からある時期までは年々伸び続けますが、ある時期に達すると伸びなくなります。

しかし、身長が伸びる時期は個人差があるので、なかには小学校高学年くらいからあまり伸びなくなってしまった人や、反対に20歳を過ぎても伸びていたという人もいるでしょう。

一般的には、男性で15〜18歳頃まで、女性で13〜16歳頃までと言われています。








どうして一定の時期を迎えるとそれ以上身長は伸びなくなるのか?謎ですよね。

では、その謎について、まずは「身長が伸びる仕組み」についてを考えながら解き明かしていきます。

身長が伸びるというのは、実は骨が伸びているということなのです。

ですから、身長はなぜ伸びるのかというと、その答えは骨にあるのです。



骨の両端には、「骨端線」と呼ばれる組織があります。

そこには軟骨芽細胞という細胞がいて、この部分は、柔らかい骨(軟骨)でできています。

この軟骨芽細胞が増殖・成長することによって、骨端線の部分は膨張します。

そうすると骨が伸びて長くなり、骨が長くなることで身長も伸びていという構造になっているのです。








しかしこの構造がいつまでも繰り返されるわけではありません。

この骨端線は、一定の時期になると、骨端線の柔らかかった組織は堅い骨へと変わり、それ以上成長することができなくなってしまいます。

これを「骨端線が閉じる」と表現されています。

骨端線が閉じると、事実上成長期は終わりです。

骨端線が閉じて、成長が止まった時点の身長こそが、その人にとっての「最終身長」となるわけです。

残りの人生をずっと、最終身長時の背丈で送ることになります。








成長期が終わり、骨端線が閉じる時期は人それぞれですが、共通して言えることは、思春期が終わる頃には骨も成熟し、身長も伸びなくなるということです。

思春期を迎えるタイミングに個人差があるのはもちろんですが、身長が伸びるタイミング、伸び方にもにも個人差があります。



また「成長期」は、思春期を迎えるのと時を同じくして突入します。

その後の3〜4年間で、男子の身長は20〜32センチ、女子の身長も12〜25センチという、驚異的な伸びを見せます。

成長期を存分に活かして、どれだけ身長を伸ばすことができるかというのは、思春期を迎える時期によっても変わってきます。








身長というのは、人それぞれ高い低いという個人差があります。

どうして身長の高い人や低い人などの差が生じるのか?まず考えられているのは「遺伝」です。

では身長は遺伝で全て決まってしまうのかというと、それは違います。

身長には確かに遺伝も関係ありますが、身長を決める最大の要因は、睡眠や食事、運動といった「生活環境」「生活習慣」にあるのです。

実際、同じ両親から生まれた兄弟、姉妹でも、大きな身長差があることだってありますよね。

このように差が出るということは、生活習慣が大きく関係していると思われます。








「身長を伸ばしたい」、「背が高くなりたい」と願うのなら、骨端線が閉まってしまう前にアクションを起こすことが必要です。

骨端線が閉じるまで(成長期が終わるまで)に、どのような過ごし方をするかによって、身長の伸び方は左右されます。

骨端線が閉じた後でも、身長が伸びるケースはあるのですが、残念ながら骨端線が閉じる前ほどの劇的な伸びは望めません。

骨端線が閉じるまでの生活習慣が最も意味を成します。








身長を伸ばすために、骨端線における軟骨芽細胞の増殖・成長を促し、骨を伸ばすには、普段の生活の中でできることがあります。

身長を伸ばすための要の時期とは、骨端線の膨張が活発な子供時代が主なので、両親がしっかりサポートしてあげることが必要です。

と言ってもそんなに難しいサポートではなく、生活の中のちょっとした工夫や努力で骨端線を刺激することができます。

さらに、身長を伸ばすための生活は、早寝早起きを実践したり食事のバランスを整えるなど、健康にも良いことばかりなので、ご家族で実行してみてください。