思春期と成長期のタイミングが身長を左右する

思春期を迎えるタイミング、成長期を迎えるタイミングというのは、身体を成長させるための、ひとつの大きな要素になります。

人は思春期を迎えるとほぼ同時に成長期に突入し、その後3〜4年の間に身長が急激に伸びます。

そして思春期が終わる頃には成長期も終わり、骨端線が閉じて身長は伸びなくるというのが成長の過程です。








思春期が早くに訪れると、成長期も早くに訪れて、早くに終了してしまいます。

これを「思春期早発症」といいます。

成長期への突入が早い子供の場合、最初の頃こそ身長は、平均的か高めの身長を維持するのですが、次第に周囲の子に追い抜かれ、気づいたら低身長になっていったということもあります。

このように、成長が早い時期に止まってしまうことになるのです。








反対に、思春期を迎えるのが遅い「思春期遅発症」というケースもあります。

思春期の遅れは成長期の遅れにもつながり、二次性徴が現れないばかりでなく、ひいては身長も周囲に比べて低い状態になってしまいます。

しかし、思春期に突入してしまえば、すぐに通常の成長が始まります。








思春期の訪れが遅いと成長期に入るのも遅くなるので、骨端線が閉まるの時期も、一般水準より後になります。

その結果、最終的には周囲よりも高身長になるというケースもあります。

このような結果を見越して、あえて思春期を少し遅らせ、身長を伸ばすという方法も存在するようです。

但し、成長ホルモンが必要な量だけの分泌を伴わなければ、骨端線に指令が行かず骨が伸びず、身長は伸びません。