良質な睡眠が骨端線を刺激して身長を伸ばす

骨を伸ばし身長を伸ばすための生活習慣とはどのようなものなのか?これについて、日々の生活の中で、気をつけるべきことを紹介していきましょう。








身長を伸ばすために、まず気をつけたいのが、「睡眠」習慣です。

それは「成長ホルモン」は、眠っている間にたくさん分泌され、尚かつ身長を伸ばすための最初の指令を出します。

昔からよく「寝る子は育つ」と言いますが、これは理にかなったことだと言えるでしょう。

睡眠をしっかりとることで、成長ホルモンの分泌量を増やし、より骨端線に働きかけることができるのです。








成長ホルモンは22時〜2時という時間帯に最も分泌が盛んになるため、この時間にしっかりと睡眠をとることが理想です。

よって早寝早起きを心がけることが、成長ホルモンの分泌を促進するための睡眠のコツになるのです。

早寝早起きは健康にも非常に良いことなので、家族みんなで習慣化できるといいですね。








さらに、成長ホルモンは深い睡眠の時、ノンレム睡眠時に、より多く分泌されると言われています。

浅い睡眠では、成長ホルモンが十分に分泌されません。

ただ眠ればいいと言う訳ではなく、深く良質な睡眠をとることが大切です。

もちろん、睡眠不足も大敵です。

睡眠時間はしっかりと確保して、深く良質な睡眠がとれるよう心がけましょう。








ストレスを感じたまま就寝することは、睡眠の妨げにもなりますし、成長ホルモンの分泌そのものを妨げることもあります。

ストレスは溜め込まない工夫をして、毎日できるだけゆったりリラックスして眠れるようにしましょう。