運動のしすぎは骨の成長を妨げる

眠っているとき以外に、運動をしたときにも成長ホルモンは分泌されます。

最近流行の「加圧トレーニング」は、成長ホルモンの分泌を促進する運動としては、実は大変有名で、通常のトレーニングに比べて、劇的に成長ホルモンの分泌量が増えるといいます。

また、縦方向にジャンプをするような運動は脳下垂体に刺激を与えて成長ホルモンの分泌を促すとも言われています。








適度な運動をすることは、骨が刺激され、骨端線も刺激されて、成長が促進されると言われています。

また、骨をぐんと伸ばすストレッチなどは、骨格の歪みを矯正させ、骨に刺激を与えて身長を伸ばします。

毎日このようなストレッチをするだけでも、身長を伸ばすのにとても有効的です。








身長を伸ばすために運動をすることは確かに有効ですが、子供のうちから過度な運動をすることは、身長が伸び悩む原因になる場合もあります。

というのも、あまりハードな運動をして筋肉を付けすぎてしまうと、性ホルモンの分泌が促進され、思春期が早く訪れてしまうのです。

その結果、骨の成熟が早まってしまい、身長が伸びなくなることがあります。








また、一部分の筋肉にだけ負担をかけるように、過剰に筋肉を鍛えてしまうと、骨の成長を妨げてしまい身長が伸びません。

体操選手などに身長が低い人が多いのは、筋肉の鍛えすぎが原因の一つと考えられます。








身長を伸ばす運動のコツは、「適度に」「全身をまんべんなく」運動することです。

そうすれば、骨の成長を妨げずに骨端線に良い刺激を与えて、身長を伸ばすことにつながります。

運動後は休息をしっかりとることも大切です。