成長は健康のバロメーター

身体の成長が遅れる又は停滞する「発育不全」は、栄養不足やストレスなどによっても引き起こされ得るものですが、子供自身の病気によって起こる場合があります。

例えば、消化器官の病気によって栄養が十分に吸収できないとか、ホルモン異常疾患、代謝性疾患、腫瘍や心疾患、腎臓病などによっても、発育不全になることがあります。








日頃から子供の成長に注意を払っておくことによって、発育不全の兆候を見つけ、更に病気の発見につながることがあります。

発育不全の裏に、命にかかわるような重大な病気が隠れているケースもありますので、注意深く成長を見守ることは、子供の健康と未来を守ることであると言えます。








よく食べ、よく遊び、よく眠る。

そんな日々を繰り返しているうちに、身体がすくすくと成長していくというのは、当たり前のようで当たり前ではありません。

成長するというのは、健康である証拠だとも言えます。

身体の成長は、子供の健康のバロメーターなのです。








子供の成長について、何か気になる点や心配な点があった場合には、一度小児科に相談してみるのが良いでしょう。

問題がなければそれで良いのですし、自己判断をせず、身体が出すサインを読み取る専門家の意見を聞くのが最善です。