身体の成長と思春期の関係

身体の成長と切っても切り離せない関係にあるのが、「思春期」です。

思春期は、第二次性徴があらわれ、子供から大人の身体になる過渡期のことを言いますが、実はそれ以上に深い意味を持っています。








人は思春期に入ると、骨の成長が一気に加速して、身長が急激に伸び始めます。

みなさんの中にも、中学生頃に身長が大幅に伸びたという経験をお持ちの方がたくさんいると思います。

思春期を迎えた後の3〜4年間で、男性は平均25�B、女性は平均20cmも身長が伸びると言われています。








しかし、この成長スパート期を終えると、一変して身長は伸びなくなります。

子供の骨には「骨端線」という柔らかい組織があり、そこが膨張することで骨が伸びて身長が伸びるのですが、骨が成熟すると骨端線が普通の堅い骨になってしまうため、骨が伸びることができなくなります。

つまり、思春期に入るということは、数年後には身長の伸びが止まってしまうということなのです。








思春期を迎える時期には個人差がありますが、思春期があまり早くに来てしまうと、成長期が終わる時期が早まって、結果的に低身長を引き起こしてしまうことがあります。

ホルモンの分泌異常や腫瘍などによって思春期が早まる「思春期早発症」という病気もありますので、身体の成長が「あまりにも早い」場合も、一度小児科で診察を受けるのが良いと思います。