発育不全を予防する生活習慣

身体の成長を促し、発育不全を未然に防ぐためには、日々の生活習慣を整えることが大切です。








まずは「睡眠」です。

身長を伸ばすための成長ホルモンは、眠っている間に分泌されます。

睡眠時間をしっかり確保し、ぐっすりと眠れるようにしましょう。

また、成長ホルモンの分泌量は22時〜翌2時という時間帯が最も多いと言われているので、その時間を睡眠時間にあてられるよう、早寝早起きの習慣を付けてください。








バランスの良い食事は、身体の成長の基本です。

肥満状態にある場合を除いては、子供のうちからダイエットなどせず、よく食べるようにしましょう。

カルシウムやタンパク質、マグネシウム、亜鉛などは、身長を伸ばすために不可欠な栄養素ですので、特に不足しないように心がけましょう。








運動は、骨や身体に刺激を与えて成長を促すだけでなく、体力を付けて、健康な身体を作ってくれます。

成長の基本は健康です。

子供のうちから筋肉をつけすぎてしまうと、骨の成長が妨げられますので、無理は良くありませんが、ぜひ適度な運動の習慣を付けるようにしてください。








ストレスを溜め込まないためには、よく遊ぶことも大切です。

勉強に、習い事に、最近の子供たちは多忙ですが、時には思いっきり遊んで、息抜きができるようにしてあげてください。