思春期早発症はどうして起きる?

「思春期早発症」とは思春期が通常より早く到来する病気で、身体の成長が止まるのも早まり、低身長を引き起こす可能性があります。

思春期と成長期について

人は思春期を迎える時期が早いほど、成長が止まる時期も早くなります。つまり、思春期の訪れと同時に成長期に突入しますから、その後3~4年は身長が飛躍的に伸び続け、その後は骨端線が閉じて成長が落ち着きます。

思春期早発症の兆候

思春期早発症のサインとされる身体の異変について解説しましょう。思春期早発症のサインを見逃さないようにすれば、病気を早期発見し、早めに治療を始めることができます。

思春期早発症の原因とは?

思春期早発症のタイプは、末梢性または中枢性に大別されます。副腎腫瘍、脳腫瘍、卵巣腫瘍などが原因で引き起こされる可能性もまれにありますから、発見はもちろん、診断および治療開始のタイミングは早いほどよいでしょう。

思春期早発症の対応処置

思春期早発症と診断されたら、その原因を解決するとともに、治療をによって、身体の成長スピードをゆるやかにし、自然な成長度合いに戻すことも可能です。

日本人の子供は思春期が早い

思春期の訪れが早く、世界で一番早熟といわれる日本人の子供たち。その原因に、情報量があまりに多すぎることや、睡眠時間が不足していることがあるのではないかといわれています。

思春期を早める原因を追及

筋肉の鍛えすぎやカロリーオーバーなどが、思春期の訪れを早める原因として挙げられています。他にも、精神面が早熟な場合も身体の成長が早まるともいわれています。

思春期遅発症について

思春期遅発症とは、思春期の訪れが従来より遅い症状です。ただ、これといって原因となる病気などがなければ、やがて思春期を迎えます。身長も順調に伸びて、最終的には身長が高くなる人が多いようです。