思春期早発症の原因とは?

思春期早発症が引き起こされる原因というのには、中枢性と末梢性に分類されています。








中枢性とは、通常の思春期と同様に、脳下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌されて、その刺激を受けて性腺から性ホルモンが分泌されることによって起こります。

中枢性の思春期早発症は、男子の場合は脳腫瘍(胚芽腫)や過誤腫が原因となっているケースが多く見られます。

また、女子の場合は原因不明の突発性であることが多いです。








末梢性は、性腺や副腎において性ホルモンが作られて、思春期早発症が起こるものです。

ここでの性腺刺激ホルモンの上昇は見られません。

その裏には、副腎の腫瘍や、卵巣腫瘍、遺伝子異常によるマックキューン・オルブライト症候群、治療不十分な先天性副腎皮質過形成症、家族性男性性早熟症などが隠れている場合があります。








検査する場合は、まず身体の成長の経過を確認して、思春期早発症の疑いがある場合は、血液検査によるホルモン検査や、レントゲンによる骨年齢の検査が行われます。

また、腫瘍が隠れている可能性もありますので、医師の判断によってはCTやMRIでの画像診断も必要とされます。








思春期早発症は、骨の成熟を早めて低身長を引き起こすだけでなく、さまざまな病気が隠れている可能性も大いに考えられます。

日々の生活の中で、その兆候にできるだけ早期に気付き、治療をすることが重要です。