思春期早発症の対応処置

思春期早発症の原因を追求し、原因に対応するための処置を施すことで、正常なスピードに調整して身体の成長の進行を抑えることが可能です。

骨端線が閉じてしまってからでは低身長の治療はできなくなるので、早期に発見し、治療を開始することが大切です。

また、思春期早発性の裏には、脳腫瘍などの病気が隠れていることもあるので、そう言った理由からも、早めの対応が望ましいです。








末梢性とは、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンの上昇はなく、性腺や副腎で性ホルモンが作られる。

思春期早発症の場合は、まず第一に、原因となっている腫瘍などに対する治療が行われます。








中枢性とは、性腺刺激ホルモンの分泌を受けて、性ホルモンが分泌される。

思春期早発症の場合は、LH-RHアナログという薬剤を使って、性腺刺激ホルモンの分泌を抑える治療が施されます。

ほとんどの場合に効果があらわれ、骨年齢の進行も緩やかになり、二次性徴の進行も止まって、退縮されていきます。








男子の場合、中枢性思春期早発症を引き起こす原因に、脳腫瘍や過誤腫が原因となっていることが多いのですが、過誤腫の場合は摘出手術を必要としないケースが大半のようです。

過誤腫とは、良性腫瘍と奇形の中間のようなもので、過誤腫を構成している細胞は正常な細胞とまったく同じです。

この細胞が過剰に存在しているというだけなので、摘出手術は必要とされません。