日本人の子供は思春期が早い

日本人の子供に比べて、とくに欧米の子供たちを見ると、その服装などから大人びたイメージを持つことが多いのではないでしょうか?でも実は、身体の成熟という意味においては、日本人の子供の方が早く大人になります。








世界的に見ても、日本人の子供が成長期に入る時期は非常に早く、男子で11歳くらい、女子で10歳くらいからです。

思春期にあたるのは、男子が中学生〜高校生くらい、女子は小学校高学年〜中学生くらいという子供が多いようです。

日本人の子供は世界で一番早熟であるとも言われています。








日本人の子供が思春期を早く迎えてしまうのは、どうしてなのでしょう?それは、睡眠時間の短さや、情報量の多さが原因になっているのではないかと考えられています。

日本人は世界でもトップクラスに入るほど、睡眠時間が短いと言われています。

また、テレビやインターネットでさまざまな情報を入手できることが、心身ともにストレスフルな状態になる原因でもあるようです。

一説には、それらが思春期を早めることに関係しているといいます。








思春期を迎える時期が早いと、身長の伸びも早くに止まり、最終身長が低くなってしまいます。

そのことも一因となってか、日本人の成人の平均身長は、世界各国の平均身長と比べると低い部類に入ります。

戦後、日本人の平均身長は飛躍的に伸びてきましたが、睡眠時間の短さや、ストレスフルな生活が原因となり、ここ数年は伸び悩んでいる傾向にあります。