思春期を早める原因を追及

思春期を迎える時期には個人差があり、思春期早発症ではない場合にも、早熟な子もいれば、発育の遅い子もいます。

思春期をあまり早くに迎えてしまうこと、骨の成熟が早まり、成長が早くに止まってしまいます。

よって、思春期の早い訪れは、身長を伸ばすためには良いことではないのです。

では、思春期を早める要因とは、一体どのようなものなのでしょうか?








やはり幼い頃から身体の大きい子は、早熟な傾向にあります。

特に女子の場合、カロリーの過剰摂取が身体の成熟を早めると言われています。

また、幼い頃に筋肉を鍛えすぎると、骨の成長を妨げるばかりか、性ホルモンの分泌が促進されて、思春期の到来を早めると言われています。

成長期に運動不足や、過度なダイエットももちろん危険ですが、「食べすぎ」や「鍛えすぎ」には気をつけましょう。








こんな説もあります。

家庭環境に何らかの問題があったり、両親が不仲である場合、子供が身の危険を感じて早く大人になろうとするため、身体の成熟も早まるという説です。

早すぎる思春期の到来を予防するためには、子供が子供らしくのびのびと過ごせる環境づくりをすることも重要です。

仲のいい家族、両親というのが、お子さんの成長にも一役買っているようですね。








ここに挙げたことだけが思春期の時期を左右するというわけでは、もちろんありません。

ただし、少し気に留めて生活してみると良いかもしれませんね。