成長ホルモンの働きと性質

人間にとって欠かすことのできない「成長ホルモンとは何か?」一体「どんな働きや性質があるのか?」というところを詳しくお話ししていきましょう。








「成長ホルモン」とは、その名が示す通り、成長に関する働きを持っており、脳下垂体というところから分泌されるホルモンです。

みなさんご承知のとおり、「身長を伸ばす」働きをします。








そして、成長ホルモンの働きは身長を伸ばすだけに留まりません。

成長ホルモンには、基礎代謝量(運動をしなくても体が勝手に消費するエネルギーの量)を上げたり、肌の水分保有率を上げてハリと潤いのある肌を作ったり、脂肪を分解する作用や、免疫力を上げる働き、さらには筋肉を作り筋力をUPさせる作用も持っている、とても優秀なホルモンなのです。



しかし年齢とともに成長ホルモンは不足して、肌にハリがなくなったり、太りやすくなったり、筋力が衰えたり、身体が弱く疲れやすくなったりと、様々な老化現象が引き起こされることになります。








成長ホルモンの分泌量は、成長期である10代後半をピークに、20代以降は急激に減少を始めます。

加齢とともに身体が衰えていくのは、成長ホルモンの減少が一因であると考えられているのです。

その量は40代でピーク時の半分、80代では20分の1まで低下すると言われいます。