低身長の医学的定義

「成長ホルモン分泌不全性低身長症」は、成長期の子供の成長ホルモン分泌が著しく低下することによって起こるものです。

早期に発見して治療をすれば、かなりの改善が期待できますが、そのために、低身長の基準を知り、普段から子供の成長をよく観察して、いち早くその傾向に気付く必要があります。








低身長と医学的に定義されるのは、「同性、同学年、同月齢の平均身長より、−2SD(標準偏差)以下」の場合です。

通常のクラスなどでは極端に身長が低い状態になり、大体2学年下の子の身長くらいに該当します。

同じ誕生日の子供が100人並んだときに、前から2〜3番目くらいまでの子供がこの定義に当てはまります。








また、「年間の伸びが平均値の80%以下という状態が続く場合」、−2SD以上の身長であっても低身長と定義されます。

伸び率の悪い状態が続くというのは、いずれ−2SD以下の身長になってしまう恐れがあると考えられるからです。

さらには脳腫瘍などの疾患が原因となっている場合もありますので、年間の伸び率もしっかりと観察してください。








お子さんが小さい頃から成長曲線を作成し、−2SD以下になっていないか、伸び率が低下していないかなど、注意して観察しておくのが良いと思います。

少しでも不安に思うことがあれば、自己判断をせずに、早期発見のためにも小児科に相談することをお勧めします。