成人成長ホルモン分泌不全症について

成長ホルモンの分泌が著しく不足すると、成人でも身体や精神にさまざまな悪影響を及ぼします。

これを、「成人成長ホルモン分泌不全症」といいます。








どのような症状が起こるかというと、主に、筋肉量や骨量が不足することによって体型のバランスが崩れたり、成長ホルモンの持つ脂肪分解作用や代謝を高める作用が得られないことによって、体脂肪が溜まりやすくなります。








また、成長ホルモンが不足した状態が続くと、高脂血症や高血圧、骨粗しょう症、動脈硬化などの代謝障害が起こりやすくなり、生活習慣病のリスクも高まります。

将来的に心筋梗塞や心血管系の病気につながる可能性も考えられるのです。








女性にとって最も辛い、肌にハリや潤いがなくなって、たるみや小じわが目立ち始めるのも、成長ホルモンが不足することが原因です。

その他、体力が低下して疲れやすくなるなど、身体のあちこちに老化現象が現れてきます。

また、情緒不安定や、気分が落ち込みやすくなるなど、精神面への影響もあるようです。








成人成長ホルモン分泌不全症の原因の多くが、脳下垂体の腫瘍とその治療の影響による発症の場合ですが、重症の頭部外傷が原因になることもあります。

子供の成長ホルモン分泌不全性低身長症と同じように、成人成長ホルモン分泌不全症にも、成長ホルモンを皮下注射で投与するホルモン療法が施されます。