生活習慣で成長ホルモンの分泌量を増やす

成長ホルモンの分泌量は、成長ホルモン分泌不全でない場合でも、ちょっとした生活習慣の乱れによって低下してしまいます。

子供がしっかりと身長を伸ばすためにも、大人が健康と若さを保つためにも、良い生活習慣を身に付けて成長ホルモンの分泌を良くするようにしましょう。








成長ホルモンは眠っている間に分泌されます。

一日のうちでいちばん多く成長ホルモンが分泌されるのは、22時〜2時という時間帯とされています。

よって、この時間帯に眠っているのが理想です。

早寝早起きを心がけて睡眠時間をしっかりと確保しましょう。








運動をした後にも成長ホルモンは分泌されます。

適度な運動は健康のためにも大変良いことですので、運動する習慣を付けましょう。

最近話題の加圧トレーニングは特に成長ホルモンの分泌が多いということで有名です。

但し、子供にはお勧めできません。

子供の場合は成長段階で筋肉を付けすぎると、骨の成長が妨げられてしまいます。

鍛えすぎは禁物です。








アルギニンやオルニチンなどのアミノ酸は成長ホルモンの分泌促進作用があります。

アルギニンは肉類や大豆食品、オルニチンはしじみに多く含まれますので、これらの栄養分を食事のメニューに取り入れて、バランスの良い食生活を心がけましょう。








また、ストレスは成長ホルモンの分泌を妨げる魔物です。

ストレスを溜め込むことなく、上手に発散するようにしてください。

楽しく運動しながら発散するのが効果的かもしれませんね。