成長ホルモンが身長を伸ばす

身長が伸びるために成長ホルモンが必要不可欠だという話は有名ですが、成長ホルモンは身長とどのように関わっているのでしょうか?ここでは、成長ホルモンが身長を伸ばすメカニズムについて、説明したいと思います。








成長ホルモンは、脳下垂体というところから分泌されるホルモンです。

成長ホルモンが分泌されると、主に肝臓に作用して、肝臓からIGF-1という物質を分泌させます。

すると、このIGF-1が「骨端線」という組織に働きかけます。








骨端線とは、子供の骨の両端の関節に近いところにある組織で、柔らかい軟骨(骨端軟骨)で構成されています。

ここにIGF-1が作用すると、骨端線にいる軟骨芽細胞という細胞が増殖・成長をはじめ、骨端軟骨の層が膨張していきます。

この現象によってどんどん骨が伸び、身長が伸びていくというカラクリです。








骨端軟骨が膨張していくとき、つまり新しい骨が作られるときには、カルシウムやタンパク質が原料となります。

「牛乳を飲むと身長が伸びる」という昔ながらの定説も、牛乳に含まれるカルシウムが骨の材料になることから来ています。








しかし、材料を十分に摂取していたとしても、骨に成長の指令を出す「成長ホルモン」がなければ、骨は伸びませんし、身長も伸びません。

成長ホルモンは、身長が伸びるメカニズムの最も根本的なところで鍵を握っているのです。