アルギニンとはどのような物質か?

アルギニンは、成長ホルモンを構成するアミノ酸の一種であり、脳下垂体に働きかけて成長ホルモンの分泌を促進する作用を持っていることから、身長を伸ばすのに効果があるとして知られています。

身長を伸ばすサプリメント、「身長革命」は、このアルギニンに着目して開発されたサプリメントです。








では、アルギニンとは一体どのような物質なのか、もう少し具体的に見てみましょう。

アルギニンはアミノ酸の一種ですが、アミノ酸は「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」に分類されます。

タンパク質は20種類のアミノ酸から構成されていて、そのうち体内で生成されず食事から摂る必要があるのが「必須アミノ酸」、それ以外が「非必須アミノ酸」です。








ではアルギニンはどちらに分類されるのかというと、実は成人ならば体内で生成することができる非必須アミノ酸です。

しかし、子供は体内で生成できる量が少なく体が必要とする量も多いため、食事からの摂取が必要で、「準必須アミノ酸」と呼ばれています。








また、アルギニンはタンパク質を構成するだけでなく、成長ホルモンの分泌促進をはじめ、人体に有効な働きをいくつも持っているため、「スーパーアミノ酸」とも呼ばれています。

成人にとっては非必須アミノ酸という分類ではあるのですが、健康や若さの維持のために、食事やサプリメントで摂取するのが好ましいようです。