思春期早発症になる子供の成長

小学校低学年の頃、体格が良くて、第二次性徴も早くから現れていた子がクラスにいたりしませんでしたか?しかしそういった子は、他の子が成長期を迎える頃には身長が伸びなくなり、あっという間に追い越されて、気が付いたら低身長になっているということがあります。








どうしてこのようなことが起きるのでしょう?それは、「思春期早発症」が原因です。

幼少期から身体が大きく発育が良かったりすると、思春期が早くに訪れて早く終了してしまうのです。

それに伴って骨端線が固まる時期も早くなるので、早い段階で成長が止まってしまいます。

このような状態が、思春期早発症です。








思春期早発症は、特に治療を要さないことの方が多いのですが、最終身長が低くなってしまう危険性が高いです。

また、腫瘍などの病気が原因となっている場合もありますので、お子さんの身体の成長が早いと感じたら、早めに医師の診察を受けることをお勧めします。

現れる症状としては、男子の場合は低年齢で睾丸が大きくなっていることや声変わり、女子なら乳房の膨らみなどが、「思春期早発症」のサインです。








幼少期に大きかった子ほど、最終的には小柄な体型になっているというのは、よく聞く話ではないでしょうか。

このような子供の場合は、早熟なことが原因であると言われています。

日本人の平均身長が欧米人と比較して低いのは、日本人の思春期の時期が早いことが関係していると推測されます。

実は、日本人の子供は世界的に見ても非常に早熟で、思春期が早く訪れることで知られており、睡眠時間の短さや、情報量の多さが原因ではないかと疑われています。