成長ホルモン分泌不全性低身長症について

「成長ホルモン分泌不全性低身長症」は成長ホルモンの分泌が悪く身長が伸びない疾患です。早期に発見して成長期が終わ頃まで成長ホルモン療法を行うことで改善できる症例です。

低身長の基準、医学的定義とは?

「同性、同年齢、同月齢の平均身長より、-2SD(標準偏差)以下の場合」、「年間の伸びが平均値の80%以下という状態が続く場合」を、医学的には低身長を定義するものとしています。

成長ホルモン分泌不全性低身長症を診断する際は?

成長ホルモン分泌不全性低身長症と診断されると、成長ホルモン皮下注射による治療が始まります。早めに治療を始める事がポイントですので、低身長と疑いがある時には早く医師に相談してみましょう。

成長ホルモン分泌不全性低身長症の治療について

成長ホルモン分泌不全性低身長症は成長ホルモンの皮下注射によるホルモン療法が行われるのが一般的です。治療中には不安もあるでしょうが、その都度医師と相談しながら治療を進めていきましょう。

成長ホルモン療法が有効な6つの低身長症

成長ホルモンによる治療が有効な低身長症は様々なものがあります。成長ホルモンによる治療は早期に治療を開始する事で高い効果が期待できると言われています。

成長ホルモン注射治療の問題点

成長ホルモン注射によるホルモン療法にも大きなデメリットがあります。費用が高いことや長期に渡る治療で患者にストレスなどの精神的負担が大きくなってしまう事です。

治療の知識を身につけて負担を軽減

成長ホルモン分泌不全性低身長症の治療は費用や精神的な負担が大きいと言われています。様々な助成制度を利用したり周囲のサポートで患者やその家族の負担を軽減していきたいですね。