低身長の基準、医学的定義とは?

成長ホルモン分泌不全をはじめとした「低身長症」とは、何らかの理由によって身長が伸びず、極端に身長が低い症状のことを言い。

では一体、どれくらいの身長が「低身長」と定義されるのでしょうか。








低身長症であると医学的に定義されるのは、「同性、同年齢、同月齢の平均身長より、−2SD(標準偏差)以下の場合」です。

ここで言う−2SDとは、同じ誕生日の子が100人並んだときに、前から2〜3番目くらいまでの子を指します。

通常のクラスなどでは、4月生まれの子から翌年3月生まれまでの子が集まっていますので、3月生まれの−2SD以下の子になると、周囲に比べて極めて小さい状態になります。








また、「年間の伸びが平均値の80%以下という状態が続く場合」には、−2SD以下に当てはまらない場合でも低身長と定義されます。

これは、今現在の身長が正常範囲内であっても、このまま低い伸び率が続くことによって、近い将来−2SD以下の身長になっていく可能性があるからです。








成長期を終えて大人になり、身長の伸びが止まった時点での身長が、最終身長ということになります。

この最終身長の平均に−2SD以下という条件を当てはめてみると、およそ男性が158センチ前後、女性が147センチ前後です。

尚この数値は、平均身長によって変動します。