成長ホルモン分泌不全性低身長症の治療について

多くの場合、成長ホルモン分泌不全性低身長症の治療は「成長ホルモン療法」という、成長ホルモンを皮下注射によって体内に補充する治療が行われます。

成長ホルモン注射は、毎日あるいは2日に1回、就寝前に自己注射します。

注射の頻度は年齢によって違います。








成長ホルモン療法は、自己注射、つまり自分で注射をするので不安に感じる方も多いと思います。

ですが、はじめに医師の指導をしっかりと受けるのはもちろんのこと、安全かつ正確に注射するための器具が開発されているので、簡単に注射できるようです。

年齢が低く自分で注射することが難しい場合には、両親が注射してあげることになります。








治療の期間は、骨端線が閉じて骨の成長が止まる年齢まで続けるのが通例です。

治療の開始時期や、期間には個人差がありますが多くの場合、男子は17歳くらい、女子では15歳くらいで治療が終了します。








副作用に関しては、全くないと断言できるものではありません。

大きな副作用の心配はないとされていますが、必ず医師の指導に従って治療を行うようにしてください。

医師の診察をまめに受けながら、慎重に治療を続けていくのが良いと思います。








低身長症は、周りの子より小さいというだけでも相当な精神的苦痛を背負っているはずです。

治療で改善のに向かっていると安心せず、精神的負担に対するケアも怠らないようにしてください。

両親や周囲のサポートが必須になります。