治療の知識を身につけて負担を軽減

成長ホルモン分泌不全性低身長症の治療というのは、経済的、肉体的、精神的負担が大きく,お子さんにもとっても、親御さんにとっても、両者ともに苦痛を強いられます。

その負担を少しでも軽減するために、成長ホルモン治療に関する知識をしっかり身に付け、前向きに取り組んで欲しいものです。








もしも小児慢性特定疾患の認定が受けられた場合には、公的な助成を受けることが可能となり、経済的負担が減らせます。

その際は、医療機関などで、認定の条件や負担額についてよく確認してください。








また、ひと月の医療費自己負担額が一定の金額を超えた場合、高額療養費制度が適用されます。

各健康保険組合を通して申請をすれば払い戻される制度で、国民健康保険なら市区町村の役所が窓口です。

限度額や手続きの詳細については、各窓口に確認してください。








お子さんが成長ホルモン注射による治療を受ける場合は、肉体的・精神的負担は大きいものです。

両親をはじめとした周囲の大人が、しっかりとサポートしてあげるようにしてください。








サプリメントの利用は、経済的な負担も、患者である子供の肉体的・精神的負担も軽減してくれるものです。

たしかに成長ホルモン注射に比べると、効果が確実でないという欠点はありますが、サプリメントだけで十分な効果を得られたという人ももちろんいます。

ひとつの方法として知っておくと良いでしょう。